LALA CHANCE WEDDING La La chance WEDDING La La chance WEDDING お客様の幸せと感動のために IKK Emotional Joy and Fun
Close
  • Top
  • Features
  • LALA CHANCE CHEF#1

features 特集

2021.12.10 Cuisine

LALA CHANCE CHEF#1

LALA CHANCE CHEF#1 LALA CHANCE CHEF#1
LALA CHANCE CHEF#1 LALA CHANCE CHEF#1

ララシャンスのシェフってどんな人?
全国各地のシェフを徹底取材!
シェフのこだわりや料理への想いをお届けします!

キャッスルガーデンOSAKA シェフ 

湯本 修平  

出身地:埼玉県 経歴:工学部建築学科卒。

長野県のホテル・東京都のフランス料理店数店

で修業。

2009年にアイ・ケイ・ケイ株式会社へ入社。

福島、盛岡、富山など様々な土地の

ウェディング・レストランのシェフとして活躍。

現在はキャッスルガーデンOSAKAでシェフを

務める。

 

シェフのスペシャリテ

「大阪もんの海老芋 黒鮑」 

 

大阪もん(産)の海老芋を低温で蒸し、

貝・丹波地鶏・冬野菜でとったブイヨンで含め煮に。

黒鮑のコンフィと共に盛りつけ、煮含めたブイヨンを注ぎました。

大阪産門真蓮根のチップを添えて。

柚子と香り高く力強いオリーブオイルで仕上げをしています。

 

 

 

 

大学生の頃は、

住宅の設計に携わりたいと思ってました。

 

その頃、イタリアンの厨房で

アルバイトをしていたのですが、

玉葱を切ったり、フライパンを振るのが楽しくて。

 

もともと食べるのも好きだった事、物を創る仕事が

したいなと思っていた事もあって、

悩みに悩んで、料理の道に進もうと決意しました。

 

アルバイト先のシェフに、

「調理師学校に行かなくても大丈夫!」と

背中を押してもらえたことも良いきっかけです。

 

同期よりも遅れてのスタートだったこともあり、

20代は目の前のことに全力で取り組む日々でした。

 

本当に料理が好きでストイックな料理人に囲まれて、

料理に向き合えてきたことはとても感謝してます。

シェフの愛用品:包丁

大学卒業の時アルバイト先のシェフに頂いた牛刀と
自分ではじめて買ったペティナイフです。

 

20年間愛用しています。

 

シェフのこだわり

地元の食財を大切にし、その素材の持ち味が

最大限引き出せる調理法、組み合わせを

心がけてます。極力シンプルで、

「何を食べさせたいか・楽しんで頂きたいか」

お客様に伝わる料理。

そこに、作り手としてのこだわりと

少しの自分らしさが加えられたと。

常に謙虚な気持ちを忘れず、

進化し続ける自分でありたいなと思います。

シェフのいる会場

〒540-0002

大阪府大阪市中央区大阪城3-1

JO-TERRACE Gテラス  

キャッスルガーデンOSAKA 

Page Top