LALA CHANCE WEDDING La La chance WEDDING La La chance WEDDING お客様の幸せと感動のために IKK Emotional Joy and Fun
Close

features 特集

2022.01.29 Cuisine

LALACHANCE FEMALE CHEF #2

LALACHANCE FEMALE CHEF #2 LALACHANCE FEMALE CHEF #2
LALACHANCE FEMALE CHEF #2 LALACHANCE FEMALE CHEF #2

ララシャンスの料理人は女性のスタッフが5割!
その中でもトップを走り続ける
女性料理人をクローズアップ!

金尾 清加

(チーフリーダー)  

出身地:富山県 

経歴:富山県立雄峰高等学校・調理専攻科卒 

2012年4月富山支店入社

富山LaLaChance 富山LaChance&ブラッセリ―

金沢太陽の丘で勤務。 

好きな言葉 「どんな時も 自分らしく」

 

▼なぜ料理人を目指そうと思ったのか

 

里のおばあちゃんの作る料理がとてもおいしくて。

小さい頃はとにかく色々な料理を

食べさせてもらいました。

一番のお気に入りはジャガイモのグラタン。

いつかこんな料理を作れる人になりたい

と思い料理人の道を目指しました。

 

実は入社前に希望していたのはパティシエ

だったのですが(笑)

そのとき人員が多いということで和食か洋食かを

選択するタイミングがありました。

悩んだ結果、

家であまり作ることのない洋食を選んだのですが

当時のシェフだった中西次長や中道スーパーバイザーに

本当に色々なことを教えていただいて、

出来る仕事が増えるたびに仕事がどんどん楽しくなり

 

丸二年経つ頃には料理人としてやっていこう

という意思がかたまっていました。

 

▼仕事をする上で大切にしていることと楽しい瞬間

 

信頼関係を築いたスタッフとともに、

目の前のお客様に最大限の幸せを提供することです。

 

オープンキッチンから見える新郎新婦様、

ご両家の皆様、

参列されているゲストの方々の笑顔をみると

心から幸せな気持ちになります。

 

料理の写真を喜んで撮っていただいている姿や

SNSでそういった写真もお見かけすることもあり、

この仕事をしていて良かったと本当に思います。

 

一番うれしかったことは、友人と一緒に結婚式に参列した際に

ララシャンスが一番良い!というお言葉をいただいたこと。

 

仕事への誇りと喜びを感じた瞬間でした。

 

 

▼仕事のこだわり

自分の料理に対して一切妥協しないことです。

 

経験を重ねていく上で

結婚式のメニューを考える機会も増えてきました。

 

自分がこれを作りたい!という思いがあっても

料理は一人で出来るわけではなく、

チームで様々なリスク管理をしながら当日のお料理が

できていきます。

1回、2回の試作で完成することはありません。

 

そのときにこれくらいでいいや、こんなものだろう

という気持ちを持てばよい料理はできませんし、

自分だけが美味しいと思う料理を

お客様にご提供することはできません。

 

こだわりが自己満足にならないよう

一緒に働くスタッフの意見を聞きながら、

皆で試食・改善しメニューの完成につなげています。

 

▼休みの日の過ごし方とシェフの息抜き

 

体のメンテナンス&ストレッチ、

溜まったドラマのまとめ見、

飲み仲間と飲み歩き&食べ歩きです。  

 

息抜きは友達とのドライブ!

なぜか海に行くことが多いです。

何も考えずに友人と会話を楽しむのが息抜きに

なります。

  

趣味は旅行とマンガです。

今は行けませんが、コロナ流行前までは

年に一回海外旅行に行く!

と決めて様々な地に旅行に行っていました。

 

食も文化も違う中で色々な景色を見たり

感じたりすることが好きです。

食事が合わないこともあり、

そんなときはよくお味噌汁とお茶を恋しく思って

過ごしていました。

 

漫画は色々なジャンルのものを読みますが、

キングダムも好きな漫画の一つ。

怪我を負いながら戦い続けたり、敵が味方になる瞬間など、、

つい気持ちが熱くなり、感動してしまいます。

 

▼シェフの一品

富山湾の宝石

白海老と香味野菜のフランを越中梅のエチュベと

もに 

金沢春菊のソースとシャンパンのエキューム

 

富山湾の代表的な食材である白海老と越中梅(梅貝)に、

金沢春菊の独特な風味とほろ苦さを加え

シャンパンをアクセントにした一品です。

 

白エビといえば刺身や唐揚げなどが一般的なので、

何か違う食べ方をと考え試作をはじめました。

フランは白海老の甘さに

香味野菜を加えることにより、

奥深い香りと甘みをプラス。

そこに、食材の持つ水分で優しく火入れした越中梅

(生の越中梅に負けない、

コリコリした食感を残した状態)

を加えることで、料理全体のバランスが更に良くなります。

 

結婚式のお料理として

少し形を変えてご提供できればと、

来年に向けて準備を進めようと考えています。

 

▼ララシャンスの雰囲気をより感じていただける動画です。

どうぞ、ご覧ください!

Page Top